不労所得 で生活する法 失業保険.com | 失業保険 .com

失業保険・雇用保険のための知識

失業保険.com

失業保険の受給額を増やすためのサイト 失業保険の受給額を増やすためのサイト

会社を辞めて不労所得で生活する法

何の準備もなく会社を辞めて、それでも不労所得で生活している人がいます。たったひとつのことを知っただけで…

一生、不労所得で生活するのは無理。でも、2年なら…

ほとんど貯金もないのに仕事を辞めるしかなかったある元サラリーマン。
今後の生活費のことを考えると不安になり、
「もうサラ金にいくしかない」とまで思いつめていた彼が・・・

今や働くこともなく、生活費の心配をすることもなく充実した自分の時間を過ごしています。

これは、サクセスストーリーでも何でもありません。
誰でもできること、そして、ほとんどの方は知らないことを実行した結果です。

だから、「うらやましい」なんて思う必要はありません。
あなたも同じ方法を使えば、同じ結果が返ってきます。

その方法を知りたい方は、今すぐこの先を読んでみてください。


仕事を辞めてしまったあなたへ。

失業保険は申請される予定でしょうか?
もしそうでしたら、今からお話することはあなたにとって重要な内容になります。

まず、あなたににお伺いしたいのですが・・・

「働かなくても不労所得で生活できる方法」があるとしたら信じられますか?」

「嘘つけ!」
「世の中にそんなうまい話があるはずないだろう!」
これが、普通の反応だと思います。

ですが、私の知人に、仕事を辞めて、不労所得で生活している人が現実に存在します。
正確には、私がそうなるように仕向けました(笑)。

「働かなくていいんです。最低でも生活費程度のお金なら何とかなります」

「もう仕事を辞めてしまって有給消化中なんですが、
 会社都合退職にはできないですよね・・・」
「そうですね。もう出社する機会がないのでしたら厳しいと思います」
「貯金がないので、失業保険をもらえないと、本当に生活していけないんです。
 一生懸命仕事をしてきたのに・・・このままだとサラ金にでも行かないと・・・」
「ちょ、ちょっと待ってください。別にそんなところでお金を借りなくても、
来月からお金をもらえる方法ならありますよ」
「体調も良くないし、あまりキツイ仕事はできないんですよ」
「ですから、働かなくていいんです。不労所得です。
最低でも、生活費程度のお金なら何とかなります」
「・・・そんなうまい話が世の中にありますか?信じられませんけど」
「まあ、怪しいと思ったらやらなければいいだけの話ですよ。
内容を聞いたら、怪しいと感じる人はいないと思いますけどね。では説明しますよ・・・」

これは、私のもうひとつの商品、

「会社を辞めて102万5,110円得した法」
をご購入いただいた方と交わされた会話です。

「会社を辞めて102万5,110円得した法」は、すでに退職してしまった方の場合、
使えない人の割合が増えますので、販売サイトでもその旨を明記してありました。

ですが、H山さんはうっかり購入してしまったようで、私に
「どうすればいいんでしょうか」
と相談されてきたのでした。

深刻に悩んでいる方を放り出すわけにはいきません。
H山さんは、退職後の生活を不安に思い、悩みに悩みぬいた上で、
私を信用していただいて貴重なお金を使ってくれたのですから。

そこで、「会社を辞めて不労所得で生活する方法」を教えたのです。

結果、どうなったか?
H山さんは、1年間働かなくても生活していけることになりました。
多くはありませんが、十分に生活していける不労所得を得ることになったのです。

お支払いいただいた金額の70倍以上は回収していただける計算になり、
私も胸をなでおろすことができました。

ですが、
私が教えたような方法を知らなかったとしたら、この人はどうなっていたでしょうか・・・?

生活費が足りなくて、消費者金融に手を出してしまっていたかも知れません。
それがきっかけになって人生が急降下していたかも知れないのです。

実際、定期収入を失ったことがきっかけで消費者金融に手を出し、
最後は自己破産・・・という人は毎年数万人います。

あなたは高確率で損をしていますし、そのことに気づいてすらいません。

話は変わりますが、あなたは次のように考えていませんか?

  • 自己都合退職をしたら、失業保険をもらうのは必ず3ヵ月後になってしまう
  • 仕事を辞めたら余裕がないので年金の保険料なんか払わない
  • 病気で仕事を辞める予定だ。収入はなくなるし治療費はかさむし、不安だ
  • とにかく仕事を早く見つけないと生活していけない

H山さんも、こういった「常識」を信じていました。

そして、同じような「常識」を信じている人は世の中にたくさんいます。しかし・・・
断言します。そういう人たちは大きな勘違いをしています。

その結果、
もらえたはずのお金を受け取りそこねています。
払わなくてすんだはずのお金を払わされています。

つまり、知らない間に大損しているのです。

そして、あなたが損をしているということは、他の誰かが得をしていることになります。
だから、本当のことは教えてくれません。

あなたが本当のことを知ったら、得をするのはあなたになってしまうからです。
あなたが本当のことを知ったら、今まで得していた「誰か」が損をするからです。

その「本当のこと」とは何か?

その「本当のこと」とは何か?
少しだけ覗いてみましょう・・・

こんにちは。伊東知隆と申します。
先ほども少し書きましたが、(会社都合退職するためのノウハウ)を販売しています。

幸いにもご好評をいただき、コンスタントに売れています。
まあ、そんなことは置いといて・・・

実は、その商品の販売サイトを運営していて、ひとつ気になることがあったのです。

すでに仕事を辞めてしまった方からの問い合わせメールが非常に多いのです。

「今からでも何とかなりませんか?」
「病気で療養中なんですが、いつ復帰するんだと問い詰められ、
辞めさせられてしまいました。会社都合退職に持っていけませんか?」

そういったご質問に、ここでまとめてお答えしたいと思います。

すでに仕事を辞めてしまった人は、後から会社都合退職にひっくり返すことはできません。
不可能というわけではないのですが、まず期待しないほうがいいでしょう。

ですが・・・
それでも、働かずに生活していける程度の不労所得を得ることは可能です。
まあ、会社都合退職をした方が数十万円~数百万円単位でお得なのは事実ですが、
これは辞めてしまってからではどうにもなりません。

別に悲観することはありません。

ですが、別に悲観することはありません。

何の準備もせずに仕事を辞めた人でも、
不労所得
で生活していくことは大して難しくないからです。

あなたが望むのは、別に会社都合退職をすることではないと思います。
仕事を辞めたとしても、不安にならずに済む程度の
安定収入が欲しいのではないでしょうか。

そういうご要望にお応えするために、
「仕事を辞めて、不労所得で生活していく方法」をマニュアルにまとめました。

念のため申し上げておきますが、ネット上でよく見かける、
「月収100万円のネットビジネスで不労所得を!」
だとか、
「一生自動的にキャッシュを生み出す秘伝!」
などという方法ではありません。

稼げる金額は、それほど高額ではありません。生活に困らない程度です。
一生働かないで過ごせるわけではなく、最長で2年くらいです。

ですが、「確実性」という部分では他のどの「金儲け情報」よりも
はっきり上だと断言できます。

市場で物を売るわけではありませんので、
競争が起こって顧客の奪い合いになるということがないからです。

まとめてみると、私が今回お伝えする不労所得を得る方法は次のようになります。

不労所得で生活する法

  • 1年半~2年くらいは働かないですみます。
  • 毎月、生活に困らない程度の安定収入が得られます。
  • 手順は書類だけで済みます。競合もなければ、不確定要素もまったくありません。

こう書いてもすぐには信用できないかも知れませんね。
では、もう少し詳しく見ていきましょう。

不労所得で生活する法1

自己都合退職しても、すぐに失業保険がもらえる方法とは?

自己都合で退職すれば、3ヶ月は失業保険がもらえない・・・
そんな思い込みをして、大損している人がどれだけいるでしょうか?
自己都合退職しても、すぐに失業保険をもらえる方法を紹介します。
やむを得ず仕事を辞めることになった人、必見です。

不労所得で生活する法2

国からもらえる、最高1,000万円超の不労所得とは?

最初に正直なところをお話しておきます。
この方法が使える人は限られています。

ですが、仕事を辞めようという人の中には、この方法が使える方が多数いるのも事実です。

世の中には、この情報だけを3万円近い値段で提供している人もいます。
確かに、該当者の方でしたら3万円出しても安いくらいの内容ではあります。

そういう人たちが問題なのは、
「誰にでもこの方法が使える」かのような売り方をしていることです。

さらに悪質なことに、「体験談」という体裁を取ることで、
購入者が使えなくても責任を取らなくていいように逃げ道を作っています。

そんな人たちと違い、私は他にもいろいろなノウハウを詰め込んでいますので、
売りたいがためにそんなウソをつく必要はありません。

ですので、本当のことをお伝えすることができます。

誰でも簡単!というわけではありませんし、最高額がもらえる人は3%以下でしょう。

ただ、
年収500万円程度の平均的なサラリーマンであれば、
月20万円前後の不労所得は見込めます。

■ 休職期間が長くなり、上司から辞めるように圧力をかけられている
■ 激務を強いられて、精神的・肉体的に追い詰められている

もしあなたがこういった状況にいるのであれば・・・

この方法を使える可能性は非常に高いと断言します。

想像で適当なことを言っているわけではありません。

私は常日頃、「仕事を辞めようと悩んでいる人」からの相談を数多く受けています。
そういった人たちの中にはこの方法を利用できる人が非常に多いからこそ自信を持って言えるのです。

不労所得で生活する法3

税金を負けてもらう方法

仕事を辞めて不安なのは、安定収入がなくなることです。

その上、さらに追い討ちをかけるように予想外の出費が襲い掛かってきます。
それが税金です。

仕事を辞めて収入がなくなったから、税金は払わなくていい・・・とはいきません。
住民税は前年の所得に応じてかかってきます。
仕事を辞めていて無収入だろうが、容赦なく請求されるのです。

サラリーマンをしているときは、税金は給料から天引きされていましたので、
あまり意識することはなかったかも知れません。

ですが、仕事を辞めると、税金は自分で納めることになります。
家に送られてきた納付書を見て、あまりの金額に絶句する人も多いのです。
2007年6月から住民税が恐ろしく高くなりましたから、負担はさらに大きくなっています。
「こんな大金、払えないよ・・・」と思っても、無視するわけにはいきません。

国は、税金の滞納者には容赦がありません。
請求された金額を払わないと、10日の延滞で銀行口座を差し押さえられます。

とはいえ、請求された金額を馬鹿正直に払う必要はありません。
人によって差が大きいのですが、税金を負けてもらうことができるからです。

請求された税金を合法的に減らすことは可能です。

「税金を踏み倒す」ことは事実上不可能ですし、できても犯罪です。
しかし、
請求された税金を合法的に減らすことは可能です。

人によっては、7割以上税金が安くなります。
手元に残るお金を考えたら、やらない手はないのではないでしょうか?

そのための手順を解説しました。

出費を抑えるのも、お金を稼ぐのと同じくらい大切です。
不労所得を得るという攻めの分野だけではなく、
出費を減らすという「守り」の手法をお教えします。

なお、この制度を利用するにあたって、
「窓口でデタラメな説明をされた」という事例が複数ありましたので、
その対抗策も付け加えました。

題して「対うそつき職員マニュアル」
これを読むと、行政のあまりのいい加減さに腹が立つかも知れませんが、
知っておいて損はない内容です。

不労所得で生活する法4

保険料を払わなくても年金がもらえる方法とは?

会社を辞めたら、国民年金に加入することになります。

「どうせ年金なんかもらえないから加入しないよ。保険料払う余裕もないし」
そういう方、多いですよね。

では、「保険料を払わなくても年金がもらえる方法がある」としても加入しませんか?
金銭的負担が0で年金がもらえるのでしたら、それこそリスク0です。

だったら、加入しておいたほうがいいですよね。
そのために必要な手順を、すべてお教えします。

不労所得で生活する法5

生活保護不要!最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?

勢いで仕事を辞めてしまい、今後の生活が不安な方・・・

生活保護よりも確実に不労所得を得る方法があります。
(生活保護の認定が非常に厳しいのはご存知だと思います)

最高で2年間、働かないでも生活費をもらうことができます。

月給30万円だった人なら、総支給額は400万円以上です。

どこの窓口に行って、どのタイミングで申請するのか?
全部教えます。

不労所得で生活する法6

無職でも入れる賃貸住宅

普通、賃貸住宅は安定収入がないと借りることができません。

仕事を辞めたからといって、今住んでいるところからいきなり追い出されるということは滅多にありませんが、安定収入がなくなった以上、引っ越すのは難しくなります。

ですが、職場の近くに住んでいたりと、
そこに住み続けるのは嫌だという人も多いと思います。

そんな方のために、無職でも借りることができる賃貸住宅をご紹介します。

また、この賃貸住宅に半額の家賃で入居できる裏技もあわせて暴露しています。

不労所得で生活する法7

超低金利でお金が借りられるのはここ!

退職後、気がついたら生活費が足りない。
次の失業保険が入るまで後3週間もある・・・

こういった状況で、まず考えてしまうのはキャッシングでしょうか。
ですが、絶対に止めてください。

キャッシングの金利を払っていたら、
普通に働いている人でもなかなか返済が終わりません。
まして、仕事を辞めてしまった人が失業保険で返せるはずもありません。

お金に困ったら、まずはキャッシングと考えてしまうのも無理はありません。
クレジットカードの宣伝や消費者金融の広告があれほど目については、
真っ先に頭に浮かぶようになるのはごく自然なことです。

しかし、このマニュアルを読んだあなたは、
今後二度とキャッシングなんかしようとは思わなくなります。

なぜなら、クレジットカードや消費者金融を利用しなくても、
高くても3%でお金を借りられる方法をお教えするからです。

「3%でお金を貸してくれる?そんなの詐欺に決まっている!」
と思う方もおられるかも知れません。
賢い方ほどすぐには信じられないでしょう。
ですが、そんな条件でお金を貸してくれるところが本当にあるんです。

出向くのは、雑居ビルに入っているような怪しい金融ではありません。
誰でも知っていて、行ったこともある場所です。

お金にどうしようもなく困ったとき、
高金利で借りるのと低金利で借りるのではどちらがよいでしょうか?

数十万円の生活費なら、超低金利で借りることができるのです。

さらに、数十万円程度では足りないという人のために、
年利2%~でお金が借りられる方法もあわせてご紹介します。

利息の差だけで、マニュアル代金が取り返せてしまうノウハウです。

その他、

国民健康保険の保険料を安くしてもらう法
無職でもVISAカードを作る法
日本全国ただで旅行に行く法

など、知っているだけで手元に残るお金が数十万円違ってくるノウハウも紹介しています。

さて、この不労所得マニュアルの値段ですが、ストレートに9,800円です。
これは、「どんな人でもマニュアル代金の10倍は得してもらえる金額」
を基準にして決めました。

病気で会社を辞めても、
貯金が0でも大丈夫!
会社を辞めて不労所得で生活する法

(A4版123ページ)
■PDFダウンロード版:販売価格9,800円(税込)■
■冊子配送版:販売価格11,600円(税・印刷配送費すべて込)■
冊子配送版は、モノクロ両面印刷・背張り製本です。

お申し込みは、こちらをCLICK!!

■決済には「インフォカート」を利用しています。
■お支払い方法は、以下からお選びいただけます。
クレジットカード、振込(銀行・郵便局)、Bitcash、代引
(クレジットカードは、VISA・MASTER・JCBがご利用になれます)

お支払い方法

■ 冊子配送版のお申込みについて
申込画面「商品種別」で「オンライン通販(冊子・DVD等の配送物) 」を選択してください

■購入特典 無料アップグレード
一度ご購入いただいた方には、改訂版を無料でお届けいたします。
これは、私がこのサイトを運営している限りずっと提供させていただきます。
回数も制限がありません。

2007年10月、2009年3月末、2010年3月末、2011年8月末、2012年12月、2,014年7月に無料アップデートを行っています。

※冊子配送版をお買い上げの方も、PDFファイルでのダウンロード提供となりますのでご了承ください。

スマートフォン版をご用意しました

(見出し・大文字/赤)

外出先でもお読みいただけるよう、スマートフォン版をご用意しました。
iphoneやアンドロイド端末でご覧いただけます。
スマートフォン版は、ご購入者全員に差し上げていますので、別途お買い求めいただく必要はありません。

表示をスマートフォンに最適化しただけで、内容はPC版と全く同じです。
スマートフォン版だからといって、カットされた項目は一切ありません。
パソコンをお持ちでない方でも、読みやすいレイアウトでご覧いただけます。

それでは、一足先にこの不労所得マニュアルを読まれた方の声をご覧ください。

上司とは現在交渉中ですが、伊東様のご指導により、生活に不安を持つのでなく心に余裕を持って取り組むことができております。
医師にも良い方向で意思を伝えられたと感じております。最終的に何とかよい方向に収束しそうです。ありがとうございます。

R 様

「本当のルールを知らないと、あなたは損し続けることになる」

「会社を辞めて不労所得で生活する法」のこの一文、本当にそのとおりだとしみじみと思います。

この警告を読み流している人は、ただ惰性にながされ、国のシステムから気づかぬうちに搾取され、満ち足りた、充実した人生からは縁遠いままに、終わるでしょう。

このマニュアルに書かれている数多くの方法は、正直すべてがあてはまり必要になることはないと思います。
しかし、私はこれを読んで、今私が抱えている困難な局面を打開する思いもよらない一手、このマニュアルに出会わなければ生涯見つけることがなかっただろう珠玉のノウハウを、いくつも手に入れることができました。
「そんな仕組みがあったなんて!」と、衝撃を受けることは確実だと思います。

田中 様

「会社を辞めて不労所得で生活する法」拝読させていただきました。
「さすがっ!!」という内容ですね。
私は「無知は幸せである。しかし、罪にすらなりうる」と考えておりますが、私のマネーに対する無知度を思い知らされました。
是非、より多くの方に読んでいただき、本当の幸せをつかむ第一歩として活用していただきたく思いました。

具体的には、
「○○○○金」について、年齢と勤務年数により、失業給付金よりも多額の給付が支給される点に驚かされました。いやはや、こんな抜け道があるとは・・・
また、「申請方法」「不正受給にならない為のポイント」等などディティールまで細かく記述されており、親切な手引きであると感動いたしました。

「○○金」「○○○○○費」「○○費」「○○手当」については、もっと早く知ってさえいれば、以前の私にも支給されたのに・・・と歯がゆく思わされました。

性別関係なく幅広い年齢層・幅広い所得者層に対して有用な手引きであると感服いたしました。

非常に勉強になりました。ありがとうございます。
伊東様の力で、今後もぜひ社会に役立つ手引きを出し続けていただきたく思っております。

I 様

私は激務が重なって体調を崩して仕事を辞めることになりました。
貯金はある程度あるのですが、退職後も治療費はかかります。
不安に思っていたところ、この「会社を辞めて不労所得で生活する法」を見つけ、だまされたと思って購入しました(スイマセン)。

こんな方法があったのですね。
知らなかったら毎月5,6万円損しているところでした。
後少し知るのが遅ければ1円ももらえなかったわけで、それを考えるとゾッとします。

いいタイミングでいい知識に出会えて幸運でした。しばらく治療に専念できそうです。
ありがとうございました。

K 様

初めのほうにも書きましたが、この不労所得マニュアルを執筆しようと考えたのは、
私のもうひとつの商品、
「会社を辞めて102万5,110円得した法」
をご購入いただいた方から寄せられた、ひとつの相談がきっかけになっています。

自己都合で退職したからといって、絶対に3ヶ月間は失業保険がもらえない
というわけではありません(何も言わなければそうなってしまいますが)。
それに、失業保険にだけ頼らなくても、他にももらえるお金はあります。
人によっては、失業保険をもらうよりもそちらのほうが何倍も金額が大きくなります。

H山さんは、そういったことを知らず、
「会社都合退職できなければすぐに失業保険がもらえない。
それでは生活ができない。」
と深く悩んでおられたというわけです。

同じように、簡単に解決できることなのに深刻に悩んでいる方が大勢おられます。

「自己都合退職してしまったのですが、
失業保険がもらえるまで3ヶ月間の生活費がありません。」
「病気で仕事を辞めるしかなくなったんですが、今後の生活が不安です。」

解決するのは、意外と簡単です。

本当は、そんなことで悩んだり不安になる必要はありません。
解決するのは、意外と簡単です。

しかし、その方法を知っている人は不思議なくらい少ないのが現実です。

どうしてこんなことになっているのでしょうか?

そういった救済制度を告知するべき人たちが、
困っている人がいることを知りながら何もしないからです。

お金に困っている人を放置しているせいで、
家賃も払えないくらい生活が困窮している人を大勢生み出しているのです。

すべて自己責任という言葉で済ませて、
家賃が払えなければ野宿しろとでもいうのでしょうか?

今の世の中は、そんな馬鹿げたことがまかりとおっています。
その犠牲になってホームレスに転落した人も大勢おられます。
適切な知識さえ与えてくれる人が側にいれば、
そんなことにならなかったかも知れないのに・・・

また、生活できる程度の貯金がある人も本当は大損をしています。
本来もらえるはずのお金を知らないうちに放棄させられているからです。

もらえるはずのお金がもらえない。これは立派な経済損失です。

そんなワナにはまる人が少しでも減れば・・・
そう考えて、このマニュアルを執筆しました。
人によって金額の差はありますが、
最低でもマニュアル代金の10倍は得していただける内容を詰め込みました。
多い人なら1000倍以上の利益を得ることも可能です。

就職先がもう決まっていたり、すぐに次の就職先で働くという方にはお役に立てませんが、それ以外の方には必ずお役にたてると確信しています。

条件さえ満たせば必ず得できる方法を案内していますし、
仕事を辞めた方であれば絶対にいくつかの条件は満たしているからです。

正直に申し上げますと、仕事を辞めて日数が経過するごとに使える手法が減っていきます。
ですから、仕事を辞めたらすぐにお読みいただければと思います(辞める前に読むと、さらに効果的です)。
手元に残るお金が数百万円単位で違ってくることもありますから・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

後は、あなたのご判断に委ねたいと思います。
お役に立つと思われた方は、どうぞご購入ください。

伊東知隆

ご購入はこちらから
無料メール講座(全7回7日完結)ご登録はこちらから